ガジェット

amazfit GTS 使用感レビュー

こんにちは。

しんです。

スマートウォッチといえばアップルウォッチを思い浮かべる人が多いと思いますが、androidで使えないんですよね。

そこで、xiaomiの関連会社がだしているapple watch風スマートウォッチ「amazfit GTS」を購入したので簡単にレビューします。

初めで言っておきますが、機能面で見るとアップルウォッチの方が上です。

ただ、apple watch はiPhoneとしか連携できないし、私のような庶民には手も足も出ないので、格安で購入できて、普段使いできるこちらを選びました。

安くても意外に質感高い。これは当初期待していなかったので嬉しい。

デザイン

アップルウォッチそっくりの外観。パクリと言われてもしょーがない。

でも意外と高級感あるんですよ。私が購入したのが黒だから余計にそう感じるのかもしれない。

ただベルトはシリコンベルトなのでそのままではビジネスやフォーマルにはちょっと向かないかも。ベルトだけ買い足すのもありかなと。

サイズ感・軽さ

上がamzfit GTD 、下がhuawei watch W1

ここが個人的には一番気に入っているところ。

ヒョロ男の私にはちょうどいいサイズ感。アップルウォッチの44ミリモデルよりも少し小さい感じ。そして厚さが僅か9.4ミリ!

アップルウォッチも薄いなと思ったけど、それよりも更に薄い!男性の場合だとYシャツに引っかかりにくいので、ビジネスシーンに於いても使いやすいと思います。

今までもいくつかスマートウォッチを購入したんですけど、厚みがあって冬服の袖に引っかかるのと、腕が細いだけに時計だけが浮いて見える。その悩みを見事解消してくれている。

更に軽さも素晴らしい。本体だけなら僅か25グラムと身につけていても殆ど重さを感じない。睡眠モニターをするためにずっとつけているので、この軽さはありがたい。

腕の細い男性や女性にオススメできるサイズ。

キレイです。ホント綺麗。でもアップルウォッチにはちょっとだけ敵わない。並べて比べないとわからないですけど。

ディスプレイ

時計を表示させてもシールを張ってるのかなと思うくらいの解像度はあるので、不満に感じることは無いと思う。ドットも肉眼では見えません。

ちょっとだけ気になるのは、ベゼルの部分が少し厚めで、ディスプレイの占有率が若干低い。私が購入した黒い筐体だったら恐らく他人からはわからないけど、他の筐体色だったら気になるかも。画像でわかるかな?

でもすぐに慣れました。今は全然気にならない。

ディスプレイはかなり鮮明で、日中の屋外(沖縄の強い日差し)でも問題なく見れます。画像では若干反射していますが、肉眼ではもっとはっきりと見えます。

日中屋外での視認性

バッテリー

バッテリーもちは凄いです。公称では14日間ですけど、普通に使っている分には恐らく20日近く持つ感じ。最後の充電から4日間使っててまだ80%残っている。このキレイで大きいディスプレイで14日持つので十分です。

アップルウォッチを使っている人で一番不満があるとすれば、全然持たないバッテリーだと思うので、その点は圧勝。バッテリーは正義。

  • バッテリーがもつから睡眠ログが取れる
  • バッテリーがもつから一週間の旅行も充電いらない

これまで使っていたhuawei watch w1のバッテリーが最長2日しか持たなかったので、バッテリーの心配が無いだけでこんなに使い勝手が良いのかって感動してます。

アプリ

概ね問題なく使えますが、いくつか不満点も。

まずアプリで設定できることは

  • 文字盤設定(文字盤デザインはアプリ内に約110種類用意されています)
  • 画面ロック解除の設定(時計をしているときはbluetoothで自動的に画面ロックを解除できるよう設定できる)
  • 着信やSMS、メール、リマインダーなどの通知(着信は時計に通知はされますが、時計側で通話を受けることは出来ません)
  • アプリ通知(殆どアプリで通知設定できます。twitterやLINEも通知されて内容も確認できます。ただし見るだけ。時計からの返信は不可)
  • 座りすぎ通知(設定した時間動かないと、体を動かすよう促されます)
  • 目標達成通知(別途設定した歩数など、目標を達成すると通知されます)
  • 心拍数と睡眠のモニタリング
  • (心拍数と睡眠のログのモニタリングを設定できます。心拍測定は1分/回~30分/回まで設定可能)
  • 天気の表示(今日の天気、週間天気、湿度、風、日の入り日の出の時刻など、色々な情報が表示されます)

文字盤のスクリーンショット

文字盤のデザインは沢山あるのですが、私はデフォルトで用意されているデザインを使っています。表示項目を6項目、自由にカスタマイズできるので、一番使いやすい。

アプリには不満点も

アプリと言うより恐らく時計側の問題なんですけど、GPSのアップデートが何度やっても失敗してしまいうまくいきません。

スマホの言語を英語か中国語にすると上手くいくのですが、日本語に戻すとまた失敗と表示されてしまいます。

そして面倒なのが、アプリを立ち上げて操作すると、このGPSのアップデータが自動的に始まってしまいます。失敗しかしないのに。その間時計の操作が出来なくなってしまいます。

それともう一つはMIUI11の場合、アプリなどの通知が時計側に届かない事象が発生します。アプリをインストールし直すと治るのですが、暫く経つとまた切断されてしまいます。これは私にとって致命的。通知されない時計をスマートウォッチと呼べますか?

これに関しては色々ググったりいじってみて解決出来たので、別途記事にします。

数日使ってみて感じたメリットっとデメリット

メリット

  • 軽い
  • 安い
  • 質感高い
  • IOS、android両方で使える
  • バッテリー持ちが非常に良い
  • 日本の技適も取得済み

デメリット

  • アプリに不具合がある
  • bluetooth接続のみなので、単体で使える機能は限られる
  • 日本国内ではブランドイメージが弱い
  • アップルウォッチのパクリだと思わる可能性あり

若干の不満点はありますが、総じて良いスマートウォッチだと思います。

androidのスマホを使っていて、四角いデザインの時計が好きな方はかなりオススメできる商品です。

 

※しんはアマゾンアソシエイトプログラムに参加しています

-ガジェット

Copyright© 中華ガジェットとお得な生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.